開業資金調達のための資金調達

開業資金調達のための資金調達

初期投資の額はできるだけ必要最低限に押さえるべきあり、可能であれば、自己資金のみで開業することが理想です。フランチャイズ加盟に際し、初期投資としての支出を伴うことで、マイナスからスタートすることになり、その初期投資のマイナス分を事業の利益により回収していかなければならないので、失敗したときのリスクも増大してしまうからです。ただ、どうしても手持ちの自己資金だけでは足りない場合が当然のことながらあると思います。

そのときは、金融機関等からの借入、親兄弟や友人からの借入、公的助成金制度などの資金調達方法が挙げられます。金銭の貸し借りはとかくトラブルとなりやすいものです。金銭の貸し借りのトラブルで大事な関係を壊してしまうということはよくあることですので、お金を貸し借りする際には、貸借する金額、返済条件、利息の有無、支払が遅れた場合の遅延損害金など、金銭の貸借に必要な事項について予めきちんと取り決めておきましょう。

TOP