フランチャイズ募集の心構え

ここでは、フランチャイズ募集から独立を考えている方の為に、フランチャイズの基礎知識や開業に至るまでのいくつかのポイントをまとめてみました。

フランチャイズの基礎知識

フランチャイズ募集を行っている会社『本部』のフランチャイズビジネス形態は、自社で持つ様々な特権を提供する本部(フランチャイザー)と、提供された特権を利用して店舗を運営していく加盟者(フランチャイジー)が、お互いに利益を上げようとするビジネスの事を言います。特権を提供される側の加盟者は、その代わりに本部に対してロイヤリティという一定の対価を支払うことになります。

このようなシステムの契約によって、お互いに利益を上げることが可能になります。又、本部企業と加盟店の経営は別々となり、それぞれが独立した別の企業・会社ということになります。

フランチャイズ募集を行う『本部』から『加盟店』に与えられる「特権」は、以下のようなものになります。

  • フランチャイズ募集を行う『本部』が持つ商標、ロゴ、名称を使用できる権利
  • フランチャイズ募集を行う『本部』の商品やサービス、経営ノウハウやそれらの情報などを利用する権利
  • フランチャイズ募集を行う『本部』による支援や指導を受ける権利

以上の特権は「フランチャイズパッケージ」と呼ばれており、加盟店にこの権利が提供されることになります。

フランチャイズの基礎知識

この権利は、加盟したら無条件に利用可能という訳ではなく、「フランチャイズ契約」を交わすことによって利用できる権利になります。

「フランチャイズ契約」に従い、フランチャイズ募集を行う『本部』側は『加盟店』へフランチャイズパッケージを提供し、加盟店側はこれを利用するということになります。

契約によって、加盟店側はフランチャイズパッケージを利用する代わりとして、本部側へ一定の対価を支払うことになります。本部が持っているそのブランド力や知名度、経営ノウハウを加盟店が借りて商売をする見返りとして、毎月の売上に応じたロイヤリティーを本部へ支払うというシステムの事を指します。フランチャイズ募集を行い事業を拡販していく『本部』となる会社はこのロイヤリティを対価としてその役目と責任をもって会社運営を行っています。

フランチャイズのメリット・デメリット

TOP