フランチャイズと代理店の違い

フランチャイズと代理店の違い

フランチャイズは「売り上げの作り方から利益の出し方」までの一連のノウハウなども含めてを一つの商品としてパッケージされたものを購入して商売を始めるというビジネス形式です。 代理店は「商品やサービスを販売する権利」を取得して商品などを供給してもらって商売を始めるというビジネス形式です。

代理店の場合の多くは、売り上げの見込みなどの明確な数値は提示してもらえませんが、その分加盟金などは徴収されず、ロイヤリティも請求されない。たまに権利金を支払う程度のものはあります。これらは本業と関連性があるものを平行して展開したり、サイドビジネスに向いているような性質のものが多いようです。

以上の説明では代理店のほうがショボく感じますが、そうでもありません。代理店の場合は保険会社などが代表的です。保険会社の営業をしていた人が独立して代理店として起業するケースが時々ありますが立派に法人化されたりしますし、携帯電話のお店なども代理店形式のお店があります。 代理店は個人の人脈や独自の営業法やスキルで大きく展開して売り上げを上げてゆくものだとお考え下さい。

フランチャイズ参加で開業する場合のご予算

たいていの場合フランチャイズの本部がモデルケースを提示して募集しています。一般的なことでいけば、普通に開業するための資金+フランチャイズの加盟金って感じで考えておけばいいと思います。 一概には言えませんがちょっと初めは割高な感じもありますが、フランチャイズの場合は出来上がったノウハウがありますので利益が上がり始めるのが早いといった利点もありますし、売上に苦戦した場合の対処法や、本部などの機関よりサポートも充実しています。

今までに商売の経験が無い方には心強い限りです。ですから加盟金の出資はそのための初期投資だと考えてください。

開業資金の目安は無店舗販売の場合2~3百万円。 店舗販売の場合は1000万円前後って感じじゃないでしょうか。1500万円を大きく超えるような場合は法人向きだと思います。と言うより個人の参加者が少ないので個人参加向けのノウハウやデータが少ないかもしれません。同じ会社の募集でも募集内容が何種類かあって選べるような場合もありますから、まずは資料を請求後、募集要項などをよく見て、比較検討して参加してください。

TOP