代理店とは

代理店とは

代理店とは、一般的には『販売代理』を行う立ち位置でビジネスを行う事をさして言うようです。

具体的には商品や製品、サービスなどを委託契約によって請負い営業をおこなう形態です。又、商品や製品、サービスなどを販売するだけではなく、アフターサービスまで行うケースが多いのも代理店の特徴でもあります。

代理店は、個別契約が許される形態が多く、他社とも代理店契約を行い複数の会社や商品を販売する事も多く、自宅を事務所として活動が許されるなど、経営形態も問われない事が多いのも特徴です。

一般的には売上金の一部を納めたり、製品・サービスの名称使用権の費用などを納める事もありません。かわりに委託業者が経営のノウハウをサポートする事もありません。

TOP