起業のためのコラム

独立開業や起業で役立つ資格一覧独立開業できる仕事とは?

201712/22

起業コラム

独立や起業を考えると、気になるものの1つに「資格」があげられるようです。独立や起業に有利な資格があればとっておきたいもの。そこで今回は、将来独立や起業を考えている方のために取っておきたい資格を紹介させていただきます。

起業や独立をした人が持っている資格一覧

独立や起業で成功している人というのは、どんな資格を持っているのかについてまとめました。

  • ファイナンシャル・プランナー
  • 行政書士
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士
  • 税理士
  • 弁理士

これらの資格について、特に詳しくないというかたも少なくないかもしれません。それぞれの資格について説明させていただきます。

  • ファイナンシャル・プランナーはこの世に出回っている様々なお金についてのエキスパート。

    税金や投資、不動産や老後、株式や預金、相続などのあらゆるお金についてのプロとなります。誰でも簡単にれる資格ではなく難易度が高いのですが、それゆえに起業や独立の際に強い資格になると言えるようです。

  • 税理士は、個人や企業のお金の相談を受け、サポートをする仕事となります。

    あらゆる税金を円滑に納められるようにサポートする仕事です。

    行政書士は弁護士、司法書士のように法律を扱う仕事であり、法律に関して詳しくない方を支える職業となります。

    ただ、税理士の資格を取れば行政書士の登録も可能とされています。税理士と行政書士の2つの資格を持っていれば、税金と法律について強くなれますから、持っていると心強いでしょう。

  • 中小企業診断士とは、企業が売上を伸ばすにはどうすればいいのか、どんなふうにコストを削減するといいか、どんなふうに利益を上げることができるのかを提案する仕事です。

  • 社会保険労務士は年金や社会保険のスペシャリストと呼ばれ、企業や労働者に対して労働条件や労働保険、社会保険についてなどの相談や指導を受け持つ仕事です。

  • 弁理士は一言で言うと、生み出されたアイデアや創作物といった知的財産が持つ権利、知的財産のプロフェッショナルとされ、特許権や実用新案などの知的財産に関する出願手続きを代行する仕事となります。

    知的財産についての申請や法律は複雑で難しいため、専門家が必要とされるようです。

ただ、こういった資格たちはほとんどが非常に難しく、難易度が高い資格のため、独立や起業の前にあらかじめとっていた方がいいのだとか。独立や起業と共にしようとしても副業のように勉強することは難しいとされているようです。

ただ、難しいからこそ、こういった専門知識を持ちなおかつプロであれば信用度も高いもの。起業や独立をすれば経理系は自分で処理をする必要性もあるかもしれませんから、念のため簿記の資格も持っておいた方がいいかもしれません。

起業や独立するにはいつ資格を取るといい?

資格を取るには、思い立ったら吉日。と言えるでしょう。資格取得のための試験日は決まっていますが、その試験日に向けて勉強をし受験する必要性があるため、早めの情報収集と勉強が必要になります。

企業や独立で為になる資格はほとんどが、合格者率10%未満なものばかり。狭き門であることをしっかりと把握し、勉強に励むといいかもしれません。

ただ、難しいとはいえ仕事と両立をして資格を取得したという人も多くいらっしゃいますから、仕事は止めて勉強をしなくては合格ができないという訳ではないようです。通信講座もありますし、資格を取るためのスクールなどもありますから、そういったものを調べて利用することで働きながらも空き時間での資格取得が目指せます。

特に、ファイナンシャル・プランナーや宅地建物取引士といったものは会社でも取得していれば昇給などの制度が用意されているところもあるようですから、まだ会社勤めだという方は是非とも資格を取得してから、会社でその資格所得者として働いてみるといいかもしれません。

資格を取得してすぐに独立よりも、資格を取得してからある程度仕事をしてどんなふうに仕事をするのかを掴んでから起業をした方が安心できますよね?

実際に、ファイナンシャル・プランナーや宅地建物取引士などは前職にて働きながらも資格取得のために勉強をしたという起業家もいらっしゃるようです。

起業や独立のための資格取得まとめ

いかがでしょうか?ご覧いただけるように、起業や独立においてオススメできる資格というのは複数あります。退職をしてからいくつもの資格を取ろうとすると、時間があってもお金がない状態となりますから、金銭的な意味でも資格取得は在職中がいいようです。

起業や独立をする上で、何かしらの技術を身に着けているときっと力になってくれるはず。紹介した資格の中で、是非とも興味があるものがあれば、取得をしてみるといいかもしれません。

TOP