起業のためのコラム

女性だからこそ、起業を前向きに考えてほしい理由

201712/01

起業コラム

女性だからこそ、起業を前向きに考えてほしい理由

女性だって起業してみたい。自由に仕事ができるというのは、女でも憧れるという方は多いのではないでしょうか?現代日本では、いくら男性の育休が増えてきたからといって、まだまだ育休制度が行き渡っていない状態。むしろ女だから介護しろ、育児しろ、家事しろという考えは残念ながら根強く残ってしまっているようにも感じる方はいらっしゃるかもしれません。

ただ、今の時代は女性の仕事量は男性と同等のものを求められています。これでは女性の負担が大きくなるばかりですよね?すべての女性がそういう訳ではないですが、実際にそういう苦しい立場に立たされている方も決して少なくないのだとか。

だったらいっそのこと起業してみよう!そう思い立つのもアリかもしれません。女性が欲しいのは自分らしくいられるビジネススタイル。十分なスキルがあっても育児や介護でキャリアをあきらめざるを得ないなんて、切ないもの。 会社で働いていると自分だけの都合を通すことは非常に難しかったりします。

だからこそ、自分らしい働き方ができるように女性だからこそ是非とも起業をしてみてほしいもの。ただ、起業と言っても失敗談とかがあって怖くなってしまいますよね?そこで今回は、女性にオススメも起業アイデアについて調べてみました!

起業は本当に難しい?いいえ、そんなことはありません!

起業というと、ものすごく堅苦しくて大変そうに聞こえますが、実は今の時代そうでもありません。例えば株式会社のような会社そのものを設立となると大変な手続きなどがありますが、個人事業だと簡単にできます。また、会社そのものがなくてもインターネットさえ作ればそれで仕事ができるというネット社会でありますから、今多くの女性たちが起業を行っているようです。

起業理由だって「スキルアップがしたい」「自由に働きたい」などシンプルなものが多いみたい。
さらに、起業内容も自分の趣味の延長という方も珍しくないようです。そういった気軽さから「プチ起業」だなんて言葉も生まれています。軌道に乗らなければいつでもやめることも勿論可能。

専門スキルだってなくても、気軽に始めることができる。気軽に自分らしい働き方を目指すことができる。そんな手軽さが女性たちの間では大人気となっているようです。

女性のおすすめの起業アイデア一例

では、どんな内容で起業をしたらいいのか。起業アイデアがないという女性もいらっしゃるかもしれませんが、これも自分が好きなことからで構わないようです。

例えば、料理や読んで欲しい本の紹介、音楽や、掃除術何でも構いません。こういった普段の生活から発生した情報やスキルは、ほとんど需要があるようです。新しい趣味を見つけたい、子育てがうまくいかない。そういう方はこの世にたくさんいらっしゃいますから、ここから需要を作ることができるかもしれません。

では、女性にはどんな形の起業が良いのか。例えば、子育てを経験した人ならば新米ママを集めて子育てセミナーやお悩み相談、また、夜泣きが止まらない赤ちゃんを抱えて途方に暮れているママさんに居場所を与える会員制の休憩所などどうでしょう?

お店を持ちたいという女性ならば、自宅からパン屋や雑貨屋、エステなどを初めて、そこからお金が溜まったらお店を持つという方法もあります。

インターネットからネットショップをつくったり、アフィリエイト知識を持っている方ならばアフィリエイターたちのアドバイザーという方法もあります。

手作りが好きな人は、ネットショップを開いて作った服やアクセサリー、バッグなどを販売してみるといいかもしれません。軌道に乗ればこれだって個人のお店を作ることができます。

いかがでしょうか?紹介したのはあくまで一例。女性の数だけ女性起業の形はあります。手作りが好き、専門知識がある、子育てを経験した。それは立派なスキルの1つ。起業に関して情報を集める。それだけでも起業への大きな一歩を踏み出したことになります!

TOP