起業のためのコラム

女性の起業の形『ママ起業』とは?子育てをしながら起業するライフスタイル

201711/27

起業コラム

女性の起業スタイル ママ起業とは?

女性の社会での活躍が当たり前となった今日、人口減少が目立つ中、ますます女性の活躍が社会から求められている時代となっているようです。女性の働き方というと、結婚して出産・子育てのための育休に入り、そこからまた働きだすというイメージがあるかもしれません。

ただ、女性の働き方は何もそれだけではなくココ最近は女性の起業家が増えてきています。ネット社会である現代は好きな時にどこからでも情報発信することが可能ですから、自分自身で新たな仕事スタイルを築き上げてゆくという目的をもって「ママ起業」と呼ばれるものを始める女性が増えてきているようです。

自分自身で働き方を見つけることができるのだから、仕事と育児、家事との両立を行えるようになります。

そこで今回は、今ママたちに増えてきている女性の新しい起業の形「ママ起業」についてご紹介いたします。

女性の起業スタイル ママ起業のメリット

女性の新しい起業の形である「ママ起業」とは何か?簡単に説明すると子供を家で面倒見ながら仕事をすることができるという働き方となります。

これのメリットとして、まず子供を保育園に預けなくて良いということ。

どういう事かというと、保育園を探す手間がかかりませんし、子供を保育園で預けることで起こり得る「子供が熱を出したので迎えに来てください」と言われて慌てて会社を出るということもありません。

仕事は自分や家庭の都合で何度だって休むこともできますし、何より子供の成長を見ながらビジネスを進める事ができます。そのため、このビジネススタイルがママにピッタリだとして女性の新しい起業スタイルとして人気を集めているようです。

ママとして子育てをしながら起業だなんて難しいように聞こえますが、実際に子育てと起業の両方を成功させたという女性は確かにいらっしゃいます。

何よりも子どもを見ながら働くというビジネススタイルは多くの女性が求めていたものでもありますから、子供の面倒をしっかり見ることができると、安心できるようです。

ママ起業のデメリットとママ起業が向いていない人とは?

でも中には主婦としての育児や家事をしながら仕事というのに非常にストレスを感じてやがて廃業してしまうという場合もあるのも事実。

起業は必ず成功するという訳ではありません。起業家は3年のうち約70%が廃業するとも言いますから、起業することは簡単でも、それを軌道に乗せることが簡単ではないことは想像に難くありませんよね?

主婦は誰だって忙しいですし、ならばママ起業は本当はしない方がいいのでは?と思ってしまうかもしれません。そういう訳ではありませんが、でも自分が何もかも決めていいからと例えば販売する商品やサービスが安すぎたり高すぎたりすれば、売れなかったりするようです。

また、売上ばかり見込んだ起業をしてしまったがゆえに、すぐに売り上げが上がらないからと結局続かなかったというパターンも見られるようです。

ただ、失敗する人が多いから起業をやめるでは少しもったいない気もします。主婦だからこその起業アイデアだってあるでしょうし、是非とも起業で生かしたい好きなことだってきっとあることでしょう。

ママ起業の成功の秘訣は、好きなことを仕事にすること。また、収入ばかり見込んで気持ちが焦り、ストレスで押しつぶされないようにリラックスして進める事が成功の秘訣と言えるかもしれません。

また、最近ではママ起業を考えている女性のためのセミナーも多く開かれているといいます。セミナーでは女性が子育てをしながらも起業をして自分らしく働く方法についての伝授を行っているところもあるようです。起業方法として資料を取り寄せたり、こういったセミナーに参加することはママ起業をするための大切な一歩となります。

加えて、ママ起業に大切なのはいつまでもためらわないこと。「起業してみたいけど怖いな」といつまでも迷っていたら、起業は出来ないとよく言いますから、起業をしてみたい。そう思われた女性たちは何かしらの行動を起こしてみるといいかもしれません。

女性の起業スタイル ママ起業の終わりに

いかがでしょうか?ただやりがいばかりを求めて、ただ収入だけを求めて。そんな起業方法では決して成功しないことが分かってくださったかと思います。女性の新しい起業スタイルであるママ起業は、子育てと仕事を両立することができる素晴らしいビジネススタイルではありますが、続かなくては失敗する可能性もあります。

起業をしてみたい、そう思われたママさんは、まずは情報を集めてみることから始めてみませんか?

起業のための情報集めを始めた時点で、起業のための第一歩を踏み出したと言えるかもしれません。

TOP